×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Benoit Moerlan ブノワ・モエルラン
クラシックの打楽器を「レ・ペルキュション・ド・ストラスブール」の共同創設者、
ジャン・バティーニュに師事した。当初は、もっぱらマレット楽器を演奏していたという。
その後まもなく、クラシックのオーケストラやフランスの作曲家、ギュイ・レイベル、
イブ・プラン、ジョルジュ・アペルジなどのもとでプロとして仕事を始めることとなる。
 ロックのビブラフォン・マリンバ奏者としては、1976年イギリス、レディング
で開催されたロック・フェスティバルでのゴングのステージが初の
ライブ・パフォーマンスとなった。彼はその後、アラン・ホールズワース、
ミノ・シネル、兄のピエール・モエルラン、ディディエ・マルエルベ、ハンスフォード・ロウ、
ディディエ・ロックウッド、ボン・ロザーガなどが参加したこの伝説的バンドの
中核的なメンバーとなる。ゴングと4年間レコーディングやツアーをともにした後、
ブノワはマイク・オールドフィールドのバンドに参加する。
 90年代初めブノワは、ギタリストのジョン・カトラーと出会う。カトラーは当時、
ハンスフォードと同じバンドで奇妙な楽器(ジャスト・イントネーション)を使って活動していた。
その後、ブノワは普通とは全く異なるチューニングのシンセサイザーと連動させたマレット、
「キャット」の使用を始める。
 1994年、ベースのハンスフォード、ギターのボンとともにゴングジラを結成、
一部の熱心なファンに高く評価されている作品「サファー」を発表する。
 また、ドイツ人ビブラフォン奏者、シュテファン・トラウプと結成したマリンバと
ビブラフォンのデュオ「アキンボー」(訳注5)としても、フランス、ベルギー、ド
イツなどで精力的にソロ・コンサートを行っている。さらに、父親(ストラスブール
大聖堂のオルガン奏者)とともにミヨー、サティー、ロサウロ、バッハといった作品
を演奏するなど、クラシックの領域での活動も怠っていない。
 ブノワのマリンバ独奏作品の一部は、フランソワ・ダールマン社から出版されている。

LoLoRecords サイトより翻訳転載



Selected Discography

 

GONG                                              

You                             

Gazeuse                     

Expresso II                                     

Gong Live

Downwind

Second Wind

Wingful Of Eyes

GONGZILLA                                   

Suffer

Thrive

Live!

East Village Sessions

MIKE OLDFIELD                 

Exposed                                         

Islands

J.G. CHARVOT                            

Opening