×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

GONGZILLA
FAN SITE


English





PIERRE MOERLEN'S GONG (後期GONG…アルバムExpresso以降)の流れを汲むジャズロック・バンド。
その演奏スタイルから、ジャム・バンドとしての評価も高い。
PM'SGONGのメンバーであったBon Lozagaをリーダーに、同様にPM'SGONGのベースであったHansford Roweをコアメンバーに、活動を展開している。PM'SGONGの中核でもあったマリンバのBenit Moerlenを筆頭に、ゲストミュージシャンをサプライズで呼んでのGIGも多く、そのあたりもジャム・バンドとしての評価の高い所以なのだろう。

 
↑Live情報の詳細はこちらをクリック!

GONGZILLA最新の音 試聴できます

+Albums +

EAST VILLAGE Sessions 2003
現在発売されている最新のゴングジラのアルバム。
後期ゴングを彷彿とさせる、鍵盤打楽器が前に出た
作品です。


GONGZILLA LIVE
ゲストギタリストに超絶異色ギタリスト
David Fiuczynskiを迎えてのGIGです。

Thrive
GONGZILLAがジャムバンドとして注目される
きっかけとなったアルバム。彼ら自身も
Thrive are legend in the jamband world.
と言っています。David Torn 参加。


SUFFER
ゴングジラのファーストアルバム。
アルバムタイトルはSUFFERで、ゴジラに激似の
怪獣が、「苦」と書かれた銅鑼(=GONG)を抱えて
咆哮しています。本人達に、なんで「苦」なの?と
たずねたら、SUFFERという単語には別の意味が
あって、そちらの意味を持たせたアルバムタイトル
なんだよ、とハンスフォードのお答えでした。
…だったら、「苦」はマズイと思うよ…
Allan Holdsworth参加。


LIVE DVD
ゲストにmoeのChuck Garvey を迎えての
GIG.




























+ Musicians +
 今までにGONGZILLAと共演してきたミュージシャン
モレがあったら教えてください。
Allan Holdsworth(Guitar)
Ben Perowsky(Drums)
Bobby Thomas Jr.(Percussion)
Chuck Garvey (Drums)
David Fiuczynski(Guitar)
David Torn(Guitar)
Francois Causse(Drums)
Gary Husband(Drums)
Jim Loughlin(Drums)

Lionel Cordew (Drums)
Phil Kester (Percussion)
Sam Aliano(Drums)
Vic Stevens (Drums)


David Fiuczynski
Photo: Lazaro de la Pena

Sam Aliano


Since2004/10/14
   
+2004GONGZILLAinJAPAN +


掲載されている内容・写真についての無断転載はお断りいたします。必ずご一報ください。